ソーシャルレンディング 

ソーシャルレンディングはいわゆる借手と投資者の間の取引を結ぶウェブサービスとなります。お金を借りる側、お金を投資する側の両者を結ぶソーシャルレンディング事業者ならばインターネット活用によって比較的、低コストで経営が可能となります。だからこそ従来の借入や貸付事業よりも大変ご利用しやすい利点があると言えます。

SBIソーシャルトレーディング

ソーシャルレンディングはいわゆる借手と投資者の間の取引を結ぶウェブサービスとなります。

お金を借りる側
お金を投資する側の両者を結ぶソーシャルレンディング事業者ならばインターネット活用によって比較的
低コストで経営が可能となります。

だからこそ従来の借入や貸付事業よりも大変ご利用しやすい利点があると言えます。

借手側には低金利
投資側に対しては高利回りで利益還元の可能性があるというわけです。

これはつまり資産運用だけでなく社会貢献も合わせて両立出来るという事になります。

SBIソーシャルレンディングの仕組みとしましては
まずは投資家の募集。

公式ホームページで営業者が投資家を募集します。

投資家は投資リスク及び手数料その他契約書面に目を通し内容をよく理解し同意をされた上で投資の申し込みとなります。

この時に営業者とは匿名組合契約を締結して投資金額の送金となります。

今度はこれに対してお客様の借り入れ申し込み、貸付。

投資家募集と同じようにホームページ上から借手の募集をする事となります。

営業者の審査で可決された場合
借手に貸付条件を記載した契約締結前書面を送付。

これをよく確認して金銭消費賃借契約を理解し同意した上
締結頂ける方へ貸付となるというものでした。

貸付後の返済には関しては営業と締結した金銭消費賃借契約に従い返済。

その後営業者が借手から返済された金額より各種手数料などを控除した額が投資家への配当分となります。

こちらのSBI以外にもソーシャルレンディングは複数あるようですね。

ソーシャルレンディングをうまく活用出来れば
借り手も貸し手も得をする取引が出来るので両者とも利用するメリットが大きいという事になります。

今後の投資・資産運用においても是非ご検討したいサービスとなっております。

ソーシャルトレーディング FX

日本より先にヨーロッパなどで支持されているソーシャルトレード
これは初心者からでも始められる画期的である投資となります。

ソーシャルトレードは全てのユーザーがご利用可能となっていて初めての方から上級者まで
誰でもご利用が出来ます。

経験が豊富なトレーダーであれば更なる利益を得る事を目的として
ソーシャルトレードの参加者に自分のトレードを公開し参加者の利益を得る手伝いをして下さいとあります。

そこから生まれた利益の一部は還元される仕組みとなっておりました。

初心者であればデモ口座を使って練習が出来
長時間を費やす事なく利益を得つつ経験豊富の上級者とレーダーによって取引で勝つ為にはどうすれば良いのかなどが学べるようになっているみたいです。

わからない事は随時質問して聞いたりソーシャルネットワークをフル活用して知識を得ていくものとなっておりました。

初心者の歩き方としては経験豊富な上級者の取引をコピーするだけ。

寝てる時も自動でシステムが働いて取引をするようになっています。

取引のコピーはクリックのみ誰でも簡単に実行可能となっているみたいです。

まだ知らないと思われる人も是非新境地を開いてみても良いでしょう。

うまく軌道に乗っていければ資産運用にも大変有効な手段にもなるものだと考えられます。

2016年1月からジュニアNISAの口座開設が始まります。
ジュニアNISAについての詳細はこちらのサイト ジュニアnisaとはに説明があります。