ソーシャルレンディング 

ソーシャルレンディングはいわゆる借手と投資者の間の取引を結ぶウェブサービスとなります。お金を借りる側、お金を投資する側の両者を結ぶソーシャルレンディング事業者ならばインターネット活用によって比較的、低コストで経営が可能となります。だからこそ従来の借入や貸付事業よりも大変ご利用しやすい利点があると言えます。

ソーシャルレンディング比較

2015年10月04日 16時15分

ソーシャルレンディングを利用すればお金を借りたい人(ボロワー)に対してお金を貸したい人(レンダー)が投資出来る
個人間融資が実現致します。

とは言いましても
掲示板などで一般がお金の貸し借りをする個人間融資掲示板とは違っており
ソーシャルレンディングのサービスは公式で認められている取引となっております。

よって掲示板などに書き込んでお金を貸してもらう個人間融資とは呼ばれ方は同じでも
安全性や利便性などは全く内容が異なるものとなっていたりしました。

ソーシャルレンディングのサービスは一つだけではなく
複数ありますので自分の用途に合わせて選んでご利用出来るものだったりします。

ざっと比較してみますと
ソーシャルレンディングで一番最初に出来たサービスがmaneoのようです。

投資家によって法人向けの中小企業サポートが出来るのが特徴でありまして
事業資金融資をお望みの会社にも持ってこいのサービスとなっているようでした。

金融機関からは融資が受けられない会社であっても投資家による援助で運転資金が賄えるという事となります。

そして次にSBIソーシャルレンディング
お金を借りる人と投資したい人を結ぶ個人が主役となる新出の金融マーケット
個人個人の信用力に見合うお金の借り方が出来るのが特徴となっているようです。

そして最後にAQUSH(アクシュ)
評判としてはなかなかのサービス
今の所貸し倒れは0件のようですね。

審査がしっかりしているようなのでそれなりに安定した成果を維持している所と言って良いでしょう。

個人的には結果的に一番最初のソーシャルレンディングサービスとして人気を誇るmaneoがオススメだと思いました。

ローン成立件数、ローン成立金額などから比較してみてもmaneoが何処のソーシャルレンディングサービスよりも
引けを取らない数値となっていましたし、古い会社であればあるほど
実績もあるので利用するならば新規のサービスよりも安定されたソーシャルレンディングを選んだ方が無難かと思われました。

今後の中小企業の方が資産運用などを考えられているような方
事業資金などの運転資金を必要される会社に対して大変有力なmaneoでソーシャルレンディングサービスを検討してみても良いと思います。